カテゴリ: カープ本検定

カープ本100冊。すべて読んでみた!
広島野球ブックフェア実行委員会
広島出版
2014-12-25

新春の「カープ本検定」事始めということで、おめでたいお題です。

「日本タイトルだけ大賞」というのをご存じでしょうか。

毎年8万点前後が出版され埋もれていくという書籍の中から、タイトルがコピーとして優れたもの、日本語として美しいもの、面白いものを顕彰しようという奇特な賞です。

いかにも売れ線なもの、珍しさを狙ったもの、技巧的に優れたもの、芸術性など多様な方面から評価。本の中身のよしあしは関係なく、タイトルと中身のギャップの面白さなど、タイトルのみを評価して表彰するというものです。

2009年から創設され、いま第7回のエントリー作品を募集しています。

実は、このユニークな賞を受賞しているカープ本があるのですね。
それはつぎのうちのどれでしょうか?

 ①衣笠祥雄はなぜ監督になれないのか?
 ②誰が、市民球場を壊したのか?
 ③マツダ商店(広島東洋カープ)はなぜ赤字にならないのか?
 ④ 神さま、そろそろカープに優勝を!

検定ロゴ

どれもユニークで面白いタイトルです。
で、この中から同賞を受賞したのは…

答えは④です。

神さま、そろそろカープに優勝を!」が2012年の「夏の陣」で受賞しています。
おしくも大賞は逃しましたが、「山田真哉賞」という、この賞の創設者の名前が冠された賞に輝いています。

同賞はツイッターでノミネート作品を申告できるため、毎年何十という作品がノミネートされています。
その中からの選出ですから、見事というしかありません。

受賞理由については不明ですが、2012年3月の時点で、「そろそろ」という条件つきながら「カープの優勝」をタイトルに謳った勇気とシャレっ気が評価されたのでしょうか。

ちなみに①②③の作品も2012年にノミネートされていましたが、惜しくも受賞は逃しています。

クオリティピッチング
黒田博樹
ベストセラーズ
2013-05-25


きょうは「カープ本検定」の2回目。

黒田博樹投手の「電撃カープ復帰」の余震は、まだつづいています。
そこで彼の著作から。

問題2:
黒田博樹投手の第2作「クオリティピッチング」は、「投手はマウンドで何を考えているのか?」をわかりやすく解説するために、メジャー時代のある試合に例をとって全投球を1球ごとに解説したものです。

その試合とは、下のどのゲームでしょうか。

 ①2008年4月4日のメジャーデビュー戦(対サンディエゴ・パドレス)
 ②2009年4月6日の初めて開幕投手をつとめた試合(対サンディエゴ・パドレス)
 ③2010年5月2日のメジャー通算20勝目の試合(対ピッツバーグ・パイレーツ)
 ④2012年7月23日、ヤンキース時代のシアトル・マリナーズ戦
検定ロゴ

答えは④番です。
この試合だけ説明がなかったので、クサいとおもわれたことでしょう。

そうです、この試合こそイチロー選手がマリナーズからヤンキースに電撃移籍してきて最初にピンストライプのユニフォームでグラウンドに立った記念のゲームでした。

どうしてこの試合を例にとったのか。
そのことについて本の中で黒田投手は、とくに語ってはいません。

イチロー選手の移籍第1戦にマウンドにいたことは、黒田投手にとっても印象深かったということはあったでしょう。
それで一球ごとの記憶の鮮度がよかったのかもしれません。

でも彼の性格からすれば、マリナーズから移籍していきなり前チームと対戦することになったイチロー選手の「特別な試合」を、こういうかたちで記録してあげたかったのたもしれません。

出題者としては、こちらをとりたいですね。
なんといっても「男気」の男ですから。





 



以前、検定がブームになったとき、この「カープ検定」が世に出ています。

ちょうど古い方の広島市民球場が廃止されたころで、
検定の問題には市民球場に関するものはほとんどありませんでしたが「ありがとう広島市民球場・熱き戦いの記録」のサブタイトルがつけられていたのはご愛嬌でしょうか。

それはともかく、同著に敬意を表して「カープ本検定」なる新企画を立ち上げました。
いつまでつづくか責任はもてませんが、ご期待ください。

第1問は、せっかくですから同著で肩すかしをくった方のために広島市民球場問題を。

問題:新球場のネーミングライツを3億円の5年契約でマツダに売った広島市は、その直後にマツダが不況だという理由で、初年度分3億円とほぼ同額で、あるものを購入しています。それは何でしょうか?   

 ①唐揚げ弁当   
 ②ベース投げTシャツ   
 ③公用車   
 ④球団の株  

答えは「カープ本100冊。すべて読んでみた!」の「カープ検定」紹介ページでお確かめください。
カープ本100冊。すべて読んでみた!
広島野球ブックフェア実行委員会
広島出版
2014-12-25

↑このページのトップヘ