カテゴリ: カープ本クロニクル


2014 「
き哲学」 高橋慶彦 サンフィールド
     「最後のサムライ 前田智徳 伊藤伸一郎 ぱる出版
     「カープ誕生物語」 中沢啓治 DINO BOX
     「カープ投手王国の系譜」 ベースボール・マガジン社
     「別冊カドカワ 総力特集」 KADOKAWA
     「WE LOVE CARP」 ぴあ
     「前田智徳 天才の証明」 堀治喜 ブックマン社
     「黄金時代の記憶」 ベースボール・マガジン社
     「過去にあらがう」 前田智徳・石井琢朗・鈴川卓也 KKベストセラーズ
     「菊池涼介」 ベースボール・マガジン社
     「カープガール」 正司慎一郎 マイナビ
     「跳ねる・若ゴイ」 中国新聞
     「広島カープ論」 赤坂英一 PHP研究所
     「カープファンあるある」 火月にのみ TOブックス
     「野球次郎・広島東洋カープ大事典」 廣済堂出版
     「カープの時代」 加古大二 トランスワールドジャパン
     「カープのうろこ」 スポーツユニフォーム愛好会 文芸社
     「ベースボールサミット」 カンゼン
     「キクマル魂」  廣済堂出版
     「CS突破祈念号」 ベースボール・マガジン社
     「カープ女子」 うえむらちか KADOKAWA
     「カープ本100冊。すべて読んでみた!」広島野球ブックフェア編 広島出版


最終回の2014年です。

カープ本バブルも成熟期に入ったといえるのでしょうか、クオリティにバラツキがあるとはいえ、収穫の多い年でした。

待望のヨシヒコ本「赤き哲学」 を皮切りに、引退した前田智徳本が本人のものもふくめて3冊と、「選手本」の長短打がつづきました。

またファンの間で復刊が待たれていた「カープ誕生物語」が上梓されたり、「広島カープ論」や「カープの時代」といった読み応えのある論考が登場してきました。

そして、カープ本のひとつの到達点を示した「野球次郎・広島東洋カープ大事典」。仔細なデータとユニークな企画でカープの全体像を立体的、重層的に提示してみせてくれました。

でも、なんといっても最大の収穫は「カープ本100冊。すべて読んでみた!」。(笑
カープ本の過去から未来への道標として、カープ本クロニクルのエポックとなった、といったら自讃のしすぎでしょうか。

カープ本100冊。すべて読んでみた!
広島野球ブックフェア実行委員会
広島出版
2014-12-25



クオリティピッチング
黒田博樹
ベストセラーズ
2013-05-25

2013 「我らがカープは優勝できる⁉」 藤本倫史 南々社
     「カープMONO語り」 カープグッズ研究会 竹書房
     「カープ狂の美学」 迫勝則 宝島社
     「球場ラヴァーズ」  石田敦子 少年画報社
     「カープルール」 鯉党制作委員会 中経出版
     「心の伸びしろ」 石井啄朗 KKベストセラーズ
     「CARPはなぜCSに出られないのか?」 北別府学 ザメディアジョン
     「広島東洋カープ ドラフト1位のその後」 別冊宝島編集部 宝島社
     「エースの覚悟」 前田健太 光文社新書
     「カープの建さん」 高橋建 宝島社
     「カープ魂」 大野豊・達川光男 ベースボール・マガジン社
     「クオリティピッチング」 黒田博樹 KKベストセラーズ
     「カープ投手王国再建へ」 大野豊 宝島社新書
     「天国から来たストッパー!」 堀治喜 文工舎
     「甦れカープ」 中西清貴 文芸社
     「カープ・ストーリー」 前原 淳 KKベスセラーズ
     「赤ヘル1975」 重松清 講談社
     「カープファンは日本一」 井川樹 南々社
     「マツダスタジアムメモリアルBOOK 2013」 ザメディアジョン

 
この年から本格的な“カープ本バブル”時代に入ったといってもいいでしょう。

お約束の
選手本や提言本はもちろん、長編小説やファンタジー、さらにはグッズ本やズムスタでのスナップばかりを掲載したファンブックからコミックまで、実に実に20点近くが刊行されています。

“カープ本バブル元年”
2013年は、まさにそんな年でした。

その背景となったのは、やはりクライマックスシリーズ初出場を勝ち取ったチーム力のアップ。カープの成績が上向くにつれて、それに引っ張られるようにカープ本が続々刊行されたということでしょう。

クライマックス出場だけで、この勢い。
もし今年「24年ぶり優勝!」なんてことになったら、はたしてどうなってしまうのでしょうか?
心配です。(笑

すでにグラウンドでも、ギョー界でも、そんな気配が漂っていますが…
カープ本100冊。すべて読んでみた!
広島野球ブックフェア実行委員会
広島出版
2014-12-25










 



2010 「カープは復活できるか」 村田厚生 南々社
     「一生懸命」 木村由美子 中央公論新社
     「カープの美学」 迫勝則 宝島社
     「別冊宝島・前田健太」 前田健太監修 宝島社
     「衣笠祥雄はなぜ監督になれないのか?」 堀治喜 文工舎・洋泉社
2011 「負けない集中力」 小早川毅彦 ベースボール・マガジン新書
     「カープ魂33の人生訓」 坂上俊次 サンフィールド
     「前田健太・感謝」 橋本清 徳間書店
     「カープの奥様」 月刊ホームラン編集部 ザ メディアジョン
     「誰が、市民球場を壊したのか?」 堀 治喜 文工舎
     「耐えて勝つ シンキングベースボール」 古葉竹識 ベースボール・マガジン社
2012 「エースの資格」 江夏豊 PHP新書
     「神さま、そろそろカープに優勝を」 迫勝則 宝島社
     「恋愛野球論」 桝本荘志 アスリート
     「決めて断つ」 黒田博樹 ベストセラーズ
     「水は岩をも砕く」 衣笠祥雄 KKロングセラーズ
     「カープあるある」 クリエイティブ研究所 アスペクト
     「マツダ商店はなぜ赤字にならないのか 堀治喜 文工舎


 カープが最後に優勝したのが1991年。それから長くつづいた低迷期にファンの不満や怒りが沸点に近づいてきたということでしょう、その年から20年後の2010年に「カープは復活できるか」が刊行されています。
著者はスポーツライターでもジャーナリストでもなく大学で教鞭をとられている学術畑の方で、内容にはそれなりの説得力があります。
オーナーに関しても言及できているのは、 球団ととくに利害関係がないからでしょう。

そしてこの年、やはりカープ球団への提言書の決定版ともいえる「衣笠祥雄はなぜ監督になれないのか?」が出版されています。

なぜか、このタイトルの言葉を口にすること自体が広島ではタブー視されていた中で、そのまんま使っての出版は、一部では「パンドラの函を開けた」とまでいわれ、カープ本の世界に一石も二石も投じることになりました。

「カープルール」でしたか、「カープのことを広島というのは、もぐりのカープファンだ」とかいうお説を説いていましたが、前記のフレーズをどのように受け止めるかも、ファンによっていろいろあったようです。

カープの情報があふれる中で、皮膚感覚としてチームのことにふれているようなファンは、「衣笠祥雄はなぜ監督になれないのか?」と問われれば、暗黙のうちに「それはあの方がオーナーだからだろ」と了解できて、ってことはそれに対する提言、批判本なのだということは自明のこととして理解できるのです。

ところが、すこし疎いファンになるとタイトルをそのまま真に受けて読んでしまうため、「どこに衣笠さんが監督になれない理由が書いてあるのか?」と、目くじらを立ててお怒りになっていたようです。

カープ女子なるものの出現で、良くも悪くもファンを色分けするような傾向が顕著になってきていますが、たしかにカープファンが生息する池といっても、せせらぎがあり澱みがあり、水面があれば深みもあるということですね。

この年は木村拓也選手の回顧録「一生懸命」も出ています。つまり、このシーズンがはじまってすぐ、彼はズムスタで倒れていたのですね。
その年のうちの出版ということで、すこし内容が薄い感が否めないのは残念ですが、いい追悼になったといえそうです。

また、この年から「マエケン本」が顔を出すようになってきました。
いうまでもなく最多勝、奪三振、最優秀防御率のタイトルを総なめにしたのがこのシーズンだったのですね。

2012年には、黒田博樹投手の「決めて断つ」が刊行されています。
この年ニューヨーク・ヤンキースへの移籍が決まって、それまでのカープかメジャーかの悩みをふっきった人生の決断を語っています。

まさかこの本が刊行されたとき、また黒田投手が迷いの果てに「カープ復帰」の決断を下すとは、ファンはもちろん本人も半信半疑だったのではないでしょうか。

あのときは「メジャーに渡った黒田の本が出た」というものでしたが、今ではメジャーからカープにもどるという決断をした黒田の本ということで、バリューもあがってふたたび火が点いて爆発的に売れています。

同じ年に「神さま、そろそろカープに優勝を!」というタイトルの本が出されていますが、あのときの「そろそろ」に現実味は希薄でしたが、そろそろ「優勝」が現実のものになるかもしれません。

カープ本100冊。すべて読んでみた!
広島野球ブックフェア実行委員会
広島出版
2014-12-25





 



2008年 「広島カープ昔話・裏話」 西本恵 トーク出版
      「ありがとう栄光の広島市民球場」 洋泉社
      「覚悟のすすめ」 金本知典 角川書店
      「野球の神様がいた球場」 衣笠祥雄 ベースボール・マガジン社
      「さよならぼくらの広島市民球場」 中国新聞
2009年 「江夏の21球をリードした男」 水沼四郎 ザメディアジョン
      「hiroshima都市と球場の物語り」 阿部珠樹 PHP研究所
      「川柳・球道塾である」 球道塾長と塾生 メディクス
      「広島東洋カープ60年史」 ベースボール・マガジン社
      「カープ検定2」 西谷正道 ザメディアジョン



広島市民球場の廃止が決まった2008年には、「さよなら市民球場」ものがいくつか発刊されました。
半世紀あまりにわたる市民球場の歴史を記録することは、そのまま被爆後の広島に光をあてることでもあり、いずれも後世に残したい資料といえるでしょう。

なかでも異色なのが「野球の神様がいた球場」。
市民球場をホームグラウンドにプレイした衣笠祥雄みずからが語ったユニークな球場史であり自叙伝。
1冊で2度おいしい読み物です。

2009年。「江夏の21球」から30周年ということで、捕手として“あの事件”の当事者でもあった水沼四郎氏の自伝「江夏の21球をリードした男」が上梓されています。

このブログでも企画を拝借している「川柳・球道塾である」と「カープ検定2」が仲良く刊行されたのもこの年。
カープ本にはっきりと「遊びごころ」が見て取れるようになったのはこのころからでしょうか。

カープ本100冊。すべて読んでみた!
広島野球ブックフェア実行委員会
広島出版
2014-12-25




 



2004年 「赤ゴジラの逆襲」 田辺一球 サンフィールド
2005年 「広島にカープはいらないのか」 迫勝則 南々社
2006年 「ボール犬ミッキー」 室積光 幻冬舎
      「セ界の中心で下位と叫ぶ」 北山エイト 日本文学館
      「カープとともに真っ赤に燃えたマイク人生」 鈴木信宏 文芸社
2007年 「CARP NOTE アンガールズ」 メディアジョン
      「全身野球魂 長谷川良平」 堀治喜 文工舎
      「それでも逃げない」 北別府学・友野康治 グラフ社
      「前田の美学」 迫勝則 宝島社文庫
      「カープ猛者列伝・私家版」 堀治喜 文工舎


2004年は、いうまでもなく球界再編問題で世間が揺れた年でした。
ちょうどイラクへの自衛隊派兵の是非が問われていた頃で、「1リーグ制にするぞ!」の恫喝ひと声で多くの国民の耳目はプロ野球の騒動にスリップアウトしてしまいました。

そして騒動の裏で、こっそり派兵は決まって自衛隊はめでたく中東へ。
ことがすめば、あとは用なしということなんでしょうか、あれ以来、大声でお叫びになっておられた大新聞社のトップから再編の「さ」の字も漏れ聞こえてきませんが、お元気なんでしょうか。

それはさておき、「カープ本」だけが2004年の球界再編騒動の余波から逃れるとはできません。
同年に彗星のようにあらわれて首位打者を獲得したカープの嶋重宣選手の
「赤ゴジラの逆襲」。ここでは彼のシーズンの戦いぶりを追いながらも、横目で再編問題の推移を記録してくれています。
首位打者に向かってひた走るプレイヤーの言動と球界の動勢がパラレルで語られる。なかなかユニークな構成です。

もうひとつは「広島にカープはいらないのか」。

「もしかして球界再編でカープは消滅してしまうんではないか?」
そんなファンの危機感、不安に訴えかけるタイムリーな出版でした。

惜しむらくは、内容のほとんどが再編問題とはとくに関係のない「カープ主砲論」。新井貴浩選手にスポットを当てたタイトル倒れの内容で、「読者の期待が消滅してしまった」ことでしょうか。
しかし、8年ぶりに新井選手がカープに復帰した今、あらためて読みなおしてみるのもいいかもしれません。

2006年は、再編騒動の反動でしょうか、罪のない“和みシリーズ”があいついで出版されています。

愛らしかったボール犬ミッキーの写真集、ファン心理を面白おかしく描きながら、いつまでも低迷するカープ球団にちょっともの申してみた「セ界の中心で下位と叫ぶ!」。
そして、放送席から愛をこめて語った「カープとともに真っ赤に燃えた〜」と、どれも愉しくページをめくれる佳作といえるでしょう。

2007年は新井貴浩、黒田博樹がそろってカープを去り、チームとしては“喪失の年”でしたが、カープ本のほうは“実りのシーズン”でした。

カープの初代エース長谷川良平、さらに20世紀最後の200勝投手北別府学、両投手の評伝自伝があいついで出たほか、2000本安打達成直後に「前田の美学」が上梓されるなど、スタンドの外は活況を呈しておりました。

カープ本100冊。すべて読んでみた!
広島野球ブックフェア実行委員会
広島出版
2014-12-25




 

↑このページのトップヘ