タグ:カープ本大賞

赤き哲学
高橋 慶彦
ベストセラーズ
2014-02-15


さきの
「第1回カープ本大賞」表彰セレモニーにおいて,大賞作「赤き哲学」の著者高橋慶彦氏から記念のサインをいただきました。

ご著書の「赤き哲学」と「カープ本100冊。すべて読んでみた!」の各1冊。
これをブログの読者の方にプレゼントいたします。

下記のメールアドレスに
住所、氏名、「高橋慶彦氏の大賞受賞記念サイン本希望」と明記してお申し込みください。

 メール bunkosha@excite.co.jp
 締め切りは2月末日といたします。

慶彦サイン本

カープ本100冊。すべて読んでみた!
広島野球ブックフェア実行委員会
広島出版
2014-12-25


赤き哲学
高橋 慶彦
ベストセラーズ
2014-02-15


「カープ本大賞」の授賞式。

昨夜2月11日の建国記念日というおめでたい日に、「赤き哲学」で受賞された著者の高橋慶彦氏本人に賞状と楯を贈呈してきました。

場所は「ダイニング慶彦」
お店を通して依頼したところ、ご本人も快諾されてのセレモニーとなりました。

楯の授与

お店で迎えてくれたご本人に簡単な賞の趣旨を説明。
すると「うれしいです」と。

あのチャーミングな笑顔とともにそういわれたら、これまでの苦労なんか雲散霧消してしまいました。

なんといえばいいんでしょうか、そうそうランニングホームランでも打ったような心境。
ぜいぜいあえぎながらダイアモンドを走って、ようやくホームベースにたどりついたら、「セーフ!」のコール。

「やったー!」のガッツボーズですよ。

「カープ本大賞」のプロジェクトもなんとかゲームセットとなり、安堵と喜びでいっばいになりました。

こちらが賞状の授与の模様


さっそく来店されていたファンの方々が駆け寄って来てのお祝いと撮影会となりました。

市民メディア
 
セレモニーが終わってからは、ファンのひとりとなってダイニング慶彦のメニューに舌鼓。
野菜サラダやピザなどいただきました。
楯と店内

サラダ

味のほうはもちろんですが、なんといってもこのお店の最高の香辛料は「慶彦の店」という無二の雰囲気。
飾りのない店内にはカジュアルで、試合前に“ヨシヒコ”と同じダイニングで食事をしているような、そんな錯覚を覚えてしまいました。

あらためて「カープ本大賞」おめでとうございます。
そして、ごちそうさまでした。
ユニフォーム

「ダイニング慶彦」ではヨシヒコがゲームで使っていた
背番号「2」 の本物のユニフォームがお出迎えしてくれます
 

カープ本大賞の楯ができあがりました。

あす、受賞作「赤き哲学」の著者である高橋慶彦氏に贈呈予定です。
その模様はまたレポートいたします。

赤き哲学楯

カープ本100冊。すべて読んでみた!
広島野球ブックフェア実行委員会
広島出版
2014-12-25


「カープ本100冊。すべて読んでみた!」本文のサンプルとして、本年度の「カープ本大賞」を獲得した「赤き哲学」の書評をアッブします。

なお、このページに限らず、表紙写真は著作権に配慮してぼかしてあります。

赤き哲学

 

↑このページのトップヘ